町田市の歯医者

バス停「桜台センター前」下車徒歩1分小山田桜台郵便局、スーパー三和さん近く

2017年歯医者さんがおすすめする歯医者に選ばれました

アクセス・診療時間

メールでお問い合わせ

0427971118

診療時間

image

あなたの歯を残すために伝えたい本当のこと

むし歯リスクを下げる方法⑤

今回はむし歯リスクを下げる方法⑤についてご紹介します。 ”一日の食事回数が多くなるとむし歯リスクが高くなる” と以前に投稿させていただきました。 食べるもので気をつけることがあるとすれば、 ”砂糖”を含む食品の摂取量や回数に気をつけてください。 ”砂糖”=”甘い”とされるものを可能な範囲で控えると良いですね。 むし歯菌は”糖”を分解して”酸”を産生することが...
>>続きを見る

むし歯リスクを下げる方法④

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 今回はむし歯リスクを下げる方法④としまして、”お食事の回数”について ご説明します。 上の図は食事をしたあとのお口の中のpH変化を表しています。 ご飯やお菓子を食べるとお口の中は酸性になり、歯が溶ける(脱灰:だっかい)状態に なります。しばらくするとだ液の効果によりお口の中は中性にな...
>>続きを見る

むし歯リスクを下げる方法③

むし歯リスクを下げる方法として、歯ブラシやフッ素についてご説明しました。 今回はご飲食の頻度についてご説明します。 みなさんは1日に何回食べたり飲んだりしますでしょうか? ”1日3食です”という方が殆どだと思いますが、なかには”1日1食”という方もいらっしゃいます。 むし歯リスクを考えるときには主食のみならず、間食やコーヒーブレイクも飲食回数として 数えます...
>>続きを見る

むし歯リスクを下げる方法②

前回はむし歯リスクを下げる方法として 歯ブラシのご説明をしました。 今回はリスクを下げる方法第2弾 ”フッ化物の使用”について。 食事をすると口の中は酸性になり 歯が溶けやすい状態になりますが しばらくすると唾液の影響で酸性→中性に戻ります。 口の中が酸性→歯が溶けるのですが フッ化物は溶けた歯を修復する”再石灰化”を促進します。 またフッ化物は細菌の活動を...
>>続きを見る

むし歯リスクを下げる方法①

前回はむし歯リスクを上げる要因として ①むし歯菌の量 ②唾液量 ③唾液の質(緩衝能) ついてお話ししました。 今回はどのようにして”リスクを下げる”かご説明します。 ①むし歯菌の量を減らす 適切な歯みがきで磨き残しをしないこと。 歯面にあたる歯ブラシの角度を見直し、歯ブラシの大きさや毛の硬さを選ぶことは大切です。 大きすぎる歯ブラシや毛が硬すぎるのは好ましく...
>>続きを見る

むし歯予防ー唾液検査の重要性について

体の健康状態を調べるために血液検査を行います。 血液中の成分を分析すれば、心臓や肝臓の状態や癌の有無まで 判定することが可能です。 歯科では口の中の状態やむし歯のリスクを知るために、”唾液検査”を行います。 唾液検査を行うことで次のような情報が得られます。 ①むし歯菌の量 ②唾液量 ③唾液の質(緩衝能) これらの情報に患者さまの食生活・全身疾患の有無・むし歯...
>>続きを見る

むし歯・歯周病は感染症です!!

むし歯や歯周病はどのようにして起こるのか ご存知でしょうか? 原因はお口の中に潜む”細菌”です。 むし歯と歯周病はそれぞれに原因となる菌が存在し それらは人から人へ感染することがわかっています。 むし歯菌は歯を溶かす酸をつくり、歯周病菌は 歯茎や骨を壊す毒素を放出します。 口の中で増殖した細菌を0にすることはできませんが 悪さをしない程度に抑えられれば良いの...
>>続きを見る

ページトップへ戻る